【シャンプーが頭皮に合わない!】AGA(男性型脱毛症)で注意すべきシャンプー選びまとめ

AGA(男性型脱毛症)の原因は男性ホルモン(テストステロン)が5αリダクターゼ(還元酵素)と結合することで起こるものです。

なのでプロペシアやフィンペシア(最近ではファイザーからも発売されています)といった薬を服用することで、時間はかかりますが確実に頭皮環境の改善は期待できるかと思います。

その点については、こちらのページ(俺もしかしたらAGA(男性型脱毛症)かも…そんな時どうすればいいのか!)でも詳しく解説してます。

で、例えばAGA(男性型脱毛症)と診断された場合ですが…

処方薬を服用していれば間違いなく頭皮環境は改善されて抜け毛や薄毛が解消されるのか?

っていうとですね…。

理由がいろいろ考えられますが、やっぱりそれだけじゃないなあーって気もします。

長い目で見たら頭皮環境の改善て意味でも、治療薬以外の部分、シャンプーや育毛剤による頭皮ケアは重要な役割があると感じてますね。

AGA(男性型脱毛症)の進行スピードのカギを握るのが頭皮ケア

gooseberry-176450_640

たしかにAGA(男性型脱毛症)を根本的に改善するには、ジヒドロテストステロン(DHT)を抑制する以外に根本的な治療法はありません。

じゃ、ジヒドロテストステロン(DHT)を抑制するなら男性ホルモンであるテストステロンを抑制すればいいのでは?って考える人もいるかもしれません。

が、しかし男性ホルモンであるテストステロンは健康な体にとって必要不可欠なホルモンです。

例えAGA(男性型脱毛症)の治療であっても勝手に抑制してしまえば男性としての機能も衰えるだけでなく、健康を害すはず。

なので結論としては、テストステロンと結合する5αリダクターゼ(還元酵素)を阻害することが中心となってきます。

まあ、最近の人気の育毛剤や育毛シャンプー等の成分をみれば、5αリダクターゼ(還元酵素)を抑制する成分が多く含まれている点を考えてもらえば納得かと思いますが。

ただね。

そういった5αリダクターゼ(還元酵素)を阻害・抑制の効率をあげるためにも、頭皮環境が整っている状態・・つまり不要な過酸化脂質やバクテリアが取り除かれた状態が必須なんですよ。

つまり簡単にいえばAGA(男性型脱毛症)治療薬の効果がでやすい頭皮環境が必要なワケです。

プロペシアやミノキシジルといった治療薬の効果は頭皮環境によっても変わる?

nature-932145_640

AGA(男性型脱毛症)と診断された場合、同じようにプロペシアやミノキシジルといった薬を処方されたのに、1人は効果が絶大なのに、もう一人はほとんど効果がでない。

これ、すっごく不思議なんですが、現実としてそういったケース、多いといわれています。

まあヘアサイクルの関係もあるし、そもそもの遺伝的な男性ホルモンのレセプターの量の違いもあるので、AGA(男性型脱毛症)治療薬の効果がでるまでの期間には個人差が大きいって部分も関係してますが。(参考ページ 薄毛や抜け毛と遺伝の関係 遺伝だけでないAGA(男性型脱毛症)

でもですね。

同じように5αリダクターゼ(還元酵素)を阻害してジヒドロテストステロン(DHT)を抑制する働きは同じなのに、どうしてこういった効果の差が出るんでしょうか?

もちろん、根本的なテストステロンや5αリダクターゼの分泌量なんかも関係しているのは言うまでもありません。

でもね。

いくらジヒドロテストステロン(DHT)を抑制しても、一向に効果がでてこないってのは、頭皮に何らかの問題があるのは素人考えでも分かること。

つまり、治療薬によって悪玉のホルモンが抑制され、正常なヘアサイクルの準備ができているのに、肝心な現場の準備ができていない・・・みたいな。

やっぱり同じ薬を利用しても効果が出る人と出ない人がいるというのは、頭皮環境の準備ができているかどうかの差が大きいのかなあ当サイトは考えています。

育毛剤やシャンプーは頭皮環境を整えるのが目的、髪の毛を増やすことではない

grass-931871_640

どうしてもAGA(男性型脱毛症)を治療する場合、プロペシアやファイザー、ミノキシジルといった処方薬ばかりにに注目されるかと。

もうこれ飲んどけば生えてくるぞ的な…。

しかしですね、当サイトとしては…

薄毛や抜け毛、頭皮環境をトータル的に考えた場合、自分に合った育毛シャンプーや育毛剤を見つけて頭皮環境を整えておくことも同じくらい、いやそれ以上に重要なことだって思います。

そもそも頭皮というのは体の中でも、もっとも汚れやすい部位なんていわれています。

また紫外線や過剰な皮脂、埃や排気ガス、エクリン腺からの発汗、過酸化脂質に常在菌、真菌…といった非常に過酷な環境に置かれているのが頭皮です。

例えば頭皮がサッカーグラウンドだとしますよ(強引すぎる…)

いくらプロペシアやミノキシジル、評判の育毛剤といったトッププレイヤーを導入したところで、肝心なグラウンドの準備ができていなければ、ゲームが開始するどころか練習すらできませんからね。

まずはトッププレイヤーが十分に実力を発揮できるように、常日頃からグラウンドの手入れを行なっておく。

つまり頭皮の汚れをしっかり落とし、皮脂を適度に抑え刺激を遠ざける・・こういったグラウンドの整備が良いゲームにつながるワケです。(皮脂が多すぎる場合はこちらの記事→頭皮の皮脂が多いと抜け毛や薄毛の原因に!を参考にして下さい)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする