【抜け毛が多くてシャンプーできない】薄毛が気になる人の洗髪の注意点

当サイトでは、爪をたてずに指先で頭皮ごと動かすことを意識してシャンプーをすることがもっとも優しいシャンプーの方法だと説明してきました。

ただそうはいっても…

やっぱりシャンプーの時に抜け毛が多くて気になってしまう

って方も多いかと思います。

これ、抜け毛や薄毛、細毛をとくに意識していない男性でも、30代~40代に突入すると普通にそんな人って多いのではないでしょうか?

そんな時、「まあ年齢的にもこんなもんだろ」って開き直ることができる人はいいかもしれませんが、どーしても気になってしまうもんです。

ただですよ、ヘアサイクルの事を考えてみると、ある程度の本数の抜け毛なんてまったく正常なことなんです。

むしろ気にし過ぎる方がストレスとなって頭皮環境には悪影響かなあって気がしますけどね。

抜ける毛髪はシャンプーで抜けなくとも必ず抜けるもの

forest-984413_640

しかし、抜け毛が多いのが気になるあまりしっかりとシャンプーできない…といった方も意外と多いなんて話もききます。

中には頭皮に刺激を与えるのが怖くて、過剰にソロリソロリとシャンプーする人もいるとか…。

つまり先ほどの「年齢的にもこんなもんだろ」って開き直ることができないタイプ…主にこういったタイプは物事を深刻に考えるマジメな方が多いかもしれませんね。

「このまま抜け毛が増えてしまって無くなってしまうのではないか…」「日に日に抜け毛の本数が増えているような気が…」といった感じで、毎日のシャンプーが憂鬱…って方は以下のお話をしっかり読んどいて下さいね。

抜け毛の本数よりもヘアサイクルが肝心です

sunrise-989061_640

ま、たしかに今後の抜け毛や薄毛が心配になる→正しい頭皮ケアを意識して実践するという流れ。

これは頭皮環境の改善には非常に大切なことではあります。

でもですよ、必要以上に深刻に捉えるのはどうかなあと思いますよ。

だってそもそも、毛髪にはヘアサイクルという生まれてから抜けるまでの毛髪の寿命があるわけです。

極端な話になっちゃいますが、抜け毛が多少なりとも多かろうが、正常なヘアサイクルが保たれていれば心配せずとも次に控えた新生毛が生えてくるもんです。

(こちらに詳しく解説してます→抜け毛の本数が多いのでは!?平均的な抜け毛の量と確認すべき部分

というかね…

逆に抜け落ちるはずの髪の毛を無理して保護しておくことは、新生毛が生えてくるチャンスを奪っているって可能性もあるんです。そうなってしまったら頭皮ケアとしては逆効果ですもん。

抜け毛を恐れたシャンプーは抜け毛を増やす可能性も

sunrise-1014712_640

で、何がいいたいのかって言うと。

抜け毛が不安でシャンプーをソロリソロリと行なっている人、またはシャンプーの回数を減らして、抜け毛を減らしたいって考えている人。

残念ながらそいういった考えでは抜け毛を減らすことは絶対にできません…というか結果として抜け毛が増える可能性も十分にあるってことです。

そもそもヘアサイクルには、新生毛として生まれた毛髪が成長する過程である約2~7年間の成長期。

その後の成長が止まった約1~2週間の退行期。その後の毛球が完全に退化し、髪が抜け落ちる約3~4ヶ月の休止期というものが存在します。

なので退行期を迎え、休止期に突入した毛髪は、どうやってケアしても抜け落ちてしまうわけなんですね。これはどうしようもない…。

休止期に入った髪の毛よりも新生毛が育つ環境を!

beautiful-1044223_640

だから仮に今日のシャンプーでは、無事に抜け落ちずに持ちこたえているかもしれませんが、ヘアサイクルから考えて確実に近いうちに抜けるわけです。

だから休止期に入った毛髪を気にし過ぎる、無理して残そうと考えるって事は、育毛や頭皮環境の考えとしては非常に意味が無いことなんです。

そんな余裕があるのなら、これから成長期を迎える新生毛が少しでも強く成長できるように、頭皮環境を整えてあげることの方がよっぽど大事なこと。

農業に例えるならば、毛髪とはいつか収穫される作物。立派な作物を豊富に実らせるには収穫物に目を向けるよりも畑(頭皮の状態)の質が肝心なんです。

この基本を忘れないでおきましょう。(参照 頭皮ケアの効果がでるまでの期間

抜け毛が気になって、きちんとシャンプーできていないと…

grass-931871_640

これね、本当ーにまずい事になってきます。

本人としては少しでもシャンプー時の抜け毛を減らしたいって気持ちからなんでしょうが、抜け毛の面では逆効果でしょうね。

まず、ソロリソロリと抜け毛を気にしながら行なうシャンプーだと、頭皮の汚れが落としきれいていないケースもあります。

頭皮には皮脂腺から分泌された多量の皮脂、頭皮から剥がれた角質や老廃物、頭皮のエクリン腺から排出された汗…他にも空気中の汚れや埃といったものが付着しているわけです。

もちろん指の腹でゴシゴシと強く洗いすぎることは、新生毛を抜く恐れがあるので絶対にNG。

抜け毛を気遣い、優しすぎる洗髪もNG

nature-932145_640

でも逆に優しすぎる洗い方では、こういった頑固な頭皮の汚れを十分に落としきれないケースもでてきます。

さらに理想的なシャンプーの方法ともいえる「指先で頭皮ごと動かすような洗い方」によって期待できる、頭皮マッサージの効果(参考ページ 頭皮の血行不良の原因とは?抜け毛や薄毛に直結する頭皮の血流)もまったく得られないわけです。

つまり1日1回の頭皮マッサージすら行われていない

…ってことは当然ながら、頭皮の血行不良が進行しちゃうかもしれませんね。

つまり頭皮の毛母細胞や毛乳頭で必要としている亜鉛やアミノ酸といった栄養を届ける血液が、上手く配達できないって状況…。

そんな状態が長いこと続いたら、新生毛はもちろん成長期の毛髪だって徐々に栄養不足になるのは目に見えてます。

ですから、抜け毛が気になるからこそ、しっかりと丁寧にマッサージしながらシャンプー!これが基本です。

(※こちらのシャンプーの方法で頭皮に差がつく!?育毛でやるべき髪の洗い方とはでシャンプー方法について解説してます)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする