【プロペシア効かない!】薄毛治療薬でも髪が生えないパターンと対策

満を持して処方されたフィナステリド(プロペシア)を服用!

が、数ヶ月経っても生えてこない…。

待てども待てども、一向に発毛効果が感じられない…。

ど、どうなってんの??

というショッキングな方も普通にいるかと思います。

そりゃフィナステリド(プロペシア)はAGA(男性型脱毛症)の特効薬とはいえ、効果が出るまでの期間には非常に個人差が大きいともいわれていますからね

フィナステリド(プロペシア)とはどんな薬?

splashing-275950_640

フィナステリド(プロペシア)はこちらのフィナステリド(プロペシア)のAGA(男性型脱毛症)改善効果と副作用とはでも紹介してますが、元々は前立腺肥大症の治療薬として利用されていたお薬。

簡単にいえば前立腺肥大を促進する悪玉のジヒドロテストステロン(DHT)を阻害するために、5αリダクターゼとよばれる還元酵素を抑制する薬のことです。

偶然にも前立腺肥大症の治療中の方の、ヒゲや毛髪が伸びる効果が大きかったことから、その後AGA(男性型脱毛症)の治療に転用されたものが起源なんていわれています。

現在では世界中でAGA(男性型脱毛症)治療に利用されている、もっとも効果の大きな薬が、フィナステリド(プロペシア)だといわれています。

えーと日本でも2000年頃から臨床試験を繰り返し、3年間継続した場合、約80%の方の毛髪に効果があるといったデータもでていますからね。

すぐに発毛効果が出る出ないは別として、現状維持や進行をとめるのはベストな薬といえるでしょうね。

フィナステリド(プロペシア)の効果は個人差が大きい

gooseberry-176450_640

思い切ってAGA(男性型脱毛症)外来で診察を受けてプロペシアを処方してもらった。

もしくは個人輸入でプロペシアやファイザーのフィナステリドを入手した。

で、実際に服用し始めたのはいいけど、思ったような効果が感じられない…(泣)

そんな時、AGA外来でちゃんと処方された方なら心配ありませんが、ネット経由や個人輸入なんかで入手した場合…

「効果もでてこないし、もしかしたら偽物を掴まされたのでは??」

なんて疑心暗鬼になる方もいるかと。

ですけどね。

いくらフィナステリド(プロペシア)とはいえ、数ヶ月で明らかに毛髪が増えてくる人なんて、どちらかといえば非常にラッキーなケースなんですよ。

だって、そもそも抜け毛や薄毛には様々な要因が絡み合っているわけですよ?

他にも原因があった場合、フィナステリド(プロペシア)が5αリダクターゼを抑制しただけじゃ、根本的に薄毛や抜け毛は解消されるわけないんです。

例えば生活習慣も規則正しくストレスも無い、でもって遺伝的にもレセプターが少ない方。そういった他の要因には問題ない方の場合。

つまり純粋に5αリダクターゼとテストステロンと結合して生成されたジヒドロテストステロンだけが原因だった場合に限っていえば、フィナステリド(プロペシア)で劇的に毛髪が復活することも考えられます。

でもね。

現実的には、ジヒドロテストステロンだけが原因で抜け毛や薄毛が進行するなんて事は少くって、やっぱり遺伝的影響や頭皮の血行不良、睡眠不足やストレス…と様々な原因が絡みあって起こるわけなんですね。

なので、男性ホルモン的な部分はフィナステリド(プロペシア)によって解消できても、他の要因が解消されない限り、そんなすぐに毛髪が復活しないと思いますよ。

フィナステリド(プロペシア)で発毛・育毛効果が感じられないなら

tulips-21620_640

で、結果として。

AGA(男性型脱毛症)の治療に効果の高いフィナステリド(プロペシア)を服用しても効果が感じられない…。

そんな場合、他の要因をひとつずつ解消していくのがベターかと思います。

そもそもAGA(男性型脱毛症)を始めとした抜け毛や薄毛の原因といえるのは…

  1. 男性ホルモンの問題
  2. 遺伝的要因
  3. 頭皮の血行不良
  4. ストレスや睡眠不足、タバコや飲酒

のような上記の4つだといわれています。

つまりフィナステリド(プロペシア)によって、おそらく5αリダクターゼ(還元酵素)は抑制されて、ジヒドロテストステロンは減少していると仮定した場合…。

残された遺伝的要因、頭皮の血行不良、ストレスや睡眠不足、タバコや飲酒といった要因を見直してみるのがいいかと思いますね。(といっても、遺伝的要因に関してはどうにかなるもんじゃありませんけども)

まあ頭皮の血行不良も含めて、まずは生活習慣を見直してみるのが現実的な方法かなあと。

生活習慣から頭皮環境を整えてプロペシアの効果を増大させる

1tree-402953_640

こちらの亜鉛が不足すると抜け毛や薄毛が進行するのかでも解説してますが、毛母細胞が活発に発毛活動できるように、亜鉛を始めとしたミネラル分と意識的に摂取する。

とか、

こちらのタバコを吸うとハゲる!?喫煙や、飲酒が頭皮に与える影響に書いてあるようにタバコを思い切って止めてみる。

またはこちらのコーヒーを飲むとハゲる?カフェインと抜け毛の関係とはで解説しているように自律神経を整えたり、睡眠不足を解消するためにコーヒーのようなカフェインを控える。

といったような小さな変化の積み重ねこそ、今後の発毛活動に大きく関係してくるんだと思いますよ…というかそう信じたいですよ。

確かにプロペシアのような、ややドーピング的な方法も試すのは良いことだと思います。

でもこういったドーピング的な治療薬をせっかく利用するなら、効果のでやすい状態にもっていくこと…の方が大切ってことなのかもしれませんね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする