【抜け毛の本数が多い!】抜け毛の量より頭皮の状態が大事!

頭皮環境や育毛を意識し始めるきっかけは人それぞれかと思います。

ふと鏡をみると髪のボリュームが減ったような…、髪を濡らしてみたら減ったように感じた…なんて方。

また単純にシャンプー時に抜け毛が増えた!みたいなことで意識し始める方がけっこう多いですね。

たしかにヘアサイクルを考えると、1日にある程度の抜け毛は普通のことかもしれません。でも、自分の予想を上回る量の抜け毛を発見すると

そんなヘアサイクルの事考える余裕なんてありませんよぉ…(-_-;)

そこで今日は抜け毛の本数やヘアサイクル、平均的な抜け毛の量について取り上げてみます。

ご安心ください。

一般的な方でも1日にかなりの本数が抜けます。頭皮の状態さえ注意しておけば、通常の抜け毛程度なら大丈夫かと。

100本以内の抜け毛だったら本数的にはOKライン

water-918461_640

当サイトでも何度も説明していますが、毛髪にはヘアサイクルといった髪の毛一本一本の寿命のサイクルがあるわけです。

その部分、ちょっと簡単に説明しておきます。

通常では新生毛として産毛のような状態で生まれた毛髪は、およそ3~6年ほど時間をかけて成長します。ま、これをヘアサイクルでは成長期といいます。

で成長しきった毛髪は、1~3週間かけて、抜け落ちる準備を始めます。これが退行期なんてよばれています。

で、その後に毛髪としての活動を完全に停止した2~4ヶ月間の休止期とよばれる時期に突入します。

そして全てのサイクルが終わると、自然と古い毛髪は抜け落ちて毛穴から新しい新生毛が生まれてくるわけですね。

ヘアサイクルについての詳細→頭皮ケアの効果がでるまでの期間

1日50本~100本の抜け毛は正常な量

green-715535_640

こういったヘアサイクルに、日本人の平均的な頭髪の本数であえる10万本程度を考えて見ますと、最低でも1日50本以上の抜け毛が生じるのは、まったく普通のことなんです。

まあヘアサイクルやそもそもの髪の毛の量なんかを考慮すると、50~100本程度の抜け毛であれば全く気にする必要ないかと思いますよ。

たしかに1日平均で200本以上の抜け毛が確認できる…、または明らかに細い抜け毛ばかり…といった場合は、放置しちゃいけません。

残念ながらAGA(男性型脱毛症)の可能性も十分に考えられますので。(参考ページ 俺もしかしたらAGA(男性型脱毛症)かも…そんな時どうすればいいのか!

まずは対策の前に原因を知ることが肝心です。早い時期に専門医に相談してみることをおすすめします。

ただですね…本数なんかよりも着目すべき重要な部分があるんですが、ご存知でしょうか?

あなたの抜け毛、ちゃんとヘアサイクルを全うしていますか?

flowers-19830_640

で、本数よりも注目すべき部分というのが、じつは抜け毛の毛根部分といわれています。

ヘアサイクルを全うして抜け落ちた正常な毛根部分は、マッチ棒の先のようにやや丸みを帯びてツルンとした状態。

それに比べ、ヘアサイクルを全うせずに途中で抜け落ちた毛髪の毛根部分になるとですね…

という感じで毛根に異常がみられます。

粃糠性脱毛根の場合は頭皮の乾燥状態が原因、脂漏性脱毛根の場合は頭皮の過剰な皮脂が原因でヘアサイクルが短縮されてしまったわけです。

毛根異常の場合、次の新生毛にも影響がでる

1red-oak-61975_640

で、問題なのはこの抜け落ちた毛根から次に生えてくる新生毛。

基本的に何らからの頭皮環境の原因で、こういった成長途中の毛髪が抜けてしまった場合、次に生えてくる新生毛は以前よりも細く弱い毛髪が生えてきます。

つまり、こういった異常脱毛根が発見された場合、確実に頭皮環境や頭皮のバランスが崩れている、もしくは崩れかけている状態というわけですね。

なので毛根異常があった場合、早急に対処して頭皮環境を改善しておく必要があるのは言うまでもありませんね。むしろ抜け毛の本数なんかよりも大事なんで。

もしかしたら…あーーなんだか抜け毛が増えたなぁ…って抜け毛の本数だけを気にしていませんか?

じつは、その抜け毛をよく観察することで自分に必要な頭皮ケアが分析できるってわけです。…というか気になる抜け毛には、頭皮環境を改善するヒントが詰まっています。

あっちなみにシャンプー中の抜け毛は、そういった毛根をハッキリと確認できません。毛根をチェックして分析するなら、枕についた抜け毛、もしくは乾燥状態でブラッシングした時の抜け毛で行なって下さいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする