【ミノキシジルなんて効くの!?】薄毛治療薬が抜け毛に与える効果と副作用

AGA(男性型脱毛症)の話になれば、フィナステリド(プロペシア)とともに、必ず話題になる薬というのがミノキシジルかと。

いわゆる「塗るタイプ」のAGE治療薬といえば、ミノキシジルというほど、有名かつ強力な薬なのは間違いありませんからね。

偶然に発見されたミノキシジルのAGE治療効果

abstract-background-935994_640

ミノキシジル同様、有名なAGE治療薬のフィナステリド(プロペシア)はもともと前立腺肥大症の治療薬として生まれた薬。

被験者に多毛効果がみられたためにAGE治療薬として転用されたものだといわれれています。

それについては、こちらのフィナステリド(プロペシア)のAGA(男性型脱毛症)改善効果と副作用とはでも解説しています。

じつはミノキシジルについても、本来はAGE治療薬ではなく高血圧を抑えるための、血圧降下薬として開発されたものでした。

不思議とAGE治療薬というものは、何らかの偶然から生まれることが多いものだなあとしみじみ実感しております。

僕の勝手な想像ですが、おそらく高血圧で悩んでて、かつ薄毛や抜け毛も深刻というダブルパンチな被験者さんが…

「なんだか、今回の血圧降下の新薬を使い始めてから抜け毛も減ってきたんじゃない?おまけに髪のハリやコシも強く成った気が…」

なんてミノキシジルの発毛効果に気がついたんでしょうね。

ミノキシジルで頭皮の血行促進はコロンブスの卵?

1tree-402953_640

そもそも高血圧を改善するための血圧降下薬として利用されていたミノキシジル。

血圧を抑える薬ということは、毛細血管を拡張して血液の流れをスムーズにしてあげる効果が中心となります。

まず。

全身の毛細血管を広げることによって、当然ですが頭皮の毛細血管も拡張されます。

すると、頭皮の血流が促進され、酸素やアミノ酸、亜鉛を始めとしたミネラル等の毛母細胞が必要としている栄養分が行き届くわけですよ。

よって

頭皮の発毛活動を左右する毛母細胞や毛乳頭、毛包に十分な栄養成分が運ばれ、毛母細胞が活発に働く

といった具合。(参考ページ 頭皮の血行不良の原因とは?抜け毛や薄毛に直結する頭皮の血流

なので理屈を知ってしまえば、血圧降下薬が薄毛や抜け毛に効果があるのは当たり前…というか誰でも思いつくことでしょ。

なんて思いますけどね、

きっとコロンブスの卵みたいに、当たり前過ぎて誰も実践しなかったのかもしれませんね。

ミノキシジルによって毛母細胞の栄養不足は解消できる

moss-983908_640

当サイトでも何度も説明していますが、薄毛や抜け毛の原因というものはですね…

最終的にはヘアサイクルの乱れに他ならないわけです。

というのも、

正常なヘアサイクルが保たれている状態では多少の抜け毛が多かろうとも、絶対に薄毛に発展することはありません。

何らかの原因によってヘアサイクルに乱れが生じているから、毛髪が寿命をまっとうせずに抜け落ちるわけなのですから。
で具体的にいうとね。

このヘアサイクルの乱れを引き起こす具体的な原因なんかもハッキリ解明されているわけで、以下の4つの原因が大きく関与しています。

  1. 男性ホルモンの問題(テストステロンと5αリダクターゼ)
  2. 遺伝的要因(男性ホルモンのレセプターの量)
  3. 頭皮の血行不良(毛母細胞の栄養不足)
  4. ストレスや睡眠不足、タバコや飲酒、自律神経を含む生活習慣全般(参照 タバコを吸うとハゲる!?喫煙や、飲酒が頭皮に与える影響

もちろん、上記のすべてが関与している場合もあれば、何かひとつの原因だけ関与している場合もあるわけです。

なので上記のひとつを解消したからといって、途端に薄毛や抜け毛が解消できるという簡単な問題じゃありません。

つまりは自分の薄毛や抜け毛の原因となっている要素を知るのが大切なのですね。(遺伝的影響に関してはどうにもなりませんが)

ミノキシジルを使った場合、どういった事が期待できるのか?

timothy-912898_640

上記の3番目の原因、

頭皮の血行不良(毛母細胞の栄養不足)

に関してはミノキシジルによって、ほぼほぼ解消できると期待できるはず。

現在、日本では内服のミノキシジルであるミノタブは認可されていませんが、塗り薬に関しては臨床試験が行われ、一般医薬品として普通に販売されていますから。

大正製薬の「リアップ」といえば有名ですが、ああいった製品として販売されていますね。

なので手っ取り早くミノキシジルを利用したいなら、一度リアップを試してみればいいかと思いますよ。

ただね。

やっぱりミノタブのような内服のミノキシジルの方が効果が高いともいわれているようです。

基本的に国内でミノキシジルの内服薬は認可されてませんので、もしどうしてもミノキシジルの内服薬が試したい場合、

AGA(男性型脱毛症)外来なんかで医師の処方のもと処方してもらうしかありません。

…とか個人輸入なんかだと、ミノタブを入手できるかと思いますが。

ミノキシジルの副作用と注意点

water-918461_640

でもミノキシジルは非常に効果のある成分、おまけに血圧降下薬ですからね、注意も必要。

すでに血圧に問題のある方が自己判断で使用した場合、低血圧症を招いたりと、使い方によっては非常に怖い側面もあるわけですよ。

個人輸入で入手したミノタブで、緊急入院なんてシャレになりませんからね…。

まあ、まずは市販のリアップあたりで頭皮の血行不良の改善を感じつつ、数ヶ月経っても効果が実感できない場合、

やっぱり個人輸入じゃなく医師の診断の元、ミノタブに手を出した方が安心かと。

あっ、あとリアップ等のミノキシジル含有の塗り薬ですが、副作用とまでは言えませんが、それなりに刺激もあるうようです。

痒みや多少の赤みといった頭皮に異常のでるケースも稀にあるようです。

最初の数回は、様子見で使って頭皮に合っているか確認した方がいいかもしれませんね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする