【亜鉛が不足して薄毛に】なぜミネラルが不足すると抜け毛や薄毛が進行するのか?

今回は薄毛や抜け毛が気になるはじめた方に向け、亜鉛についてまとめておきます。

当サイトでもこちらの夏場の抜け毛が多い理由!紫外線が頭皮や毛髪に与える影響とはで詳しく解説してますが、毛髪の99%はケラチンというタンパク質で構成されています。

なので理屈としては、タンパク質の合成がちゃんと行われていれば、抜け毛や薄毛が進行をとめる事ができるわけですね。

つまりタンパク質の生成を促すアミノ酸をしっかりと摂取するのが1番なのですよ。

そこでね。

もっとも育毛効果のあるミネラルとして有名なものが「亜鉛」だともいわれています。

亜鉛を大量に摂取すればフサフサの髪の毛に!?

splashing-275950_640

で、気になる亜鉛とい抜け毛や薄毛の関係について。
そもそもミネラルを十分に摂取することは、頭皮ケアだけでなく健康な体に必須といえますが、中でも亜鉛はタンパク質を合成する働きが非常に大きいミネラルだといわれています。

つまり弱っている毛髪を強く、コシのある強い毛髪に成長させる効果のあるミネラルなのですね。

ただ、物事には限度というものがあります。

亜鉛が育毛に効果があるから、亜鉛サプリメント等で毎日摂取量の何倍も摂取したから、その分フサフサになってくるのか…というと・・・

そうでもありません(少し考えれば分かりますよね)

亜鉛が増えることで他のミネラルが不足状態になってしまい、育毛どころか体調不良になる可能性もでてくるので要注意かも。

まあ何事もバランスが大事ってことですね。

亜鉛が何故、育毛効果が大きいといわれているのか

man-471192_640

ここで亜鉛がもたらす育毛効果について少し。

そもそも亜鉛はタンパク質や核酸、インシュリンを合成したり、新陳代謝を促す効果をもつミネラル。

体内で生成される約200~300種の酵素は、亜鉛を必須としているように、人の成長や傷・ダメージの回復や修復に必要不可欠なミネラル成分というわけです。

とくに前立腺の働きにも大きく影響を与える成分として、生殖機能にとって亜鉛はもの凄く大切なのは有名ですね。
なので亜鉛不足になった場合…

  • 傷やダメージが正常に回復されない…とか、
  • 精子が減少した…

といった自覚症状が現れ、当然ながら毛髪再生にも影響しますので、抜け毛が増えるとか、毛髪が細く弱々しくなるといったことも十分に考えられるわけですね。

いくら頭皮環境が整っても、栄養が行き届かない

tulips-21598_640

つまり。

現状で抜け毛や薄毛が目立ってきた…とお悩み方。既に亜鉛不足な状態って可能性も十分に考えられると思いませんか?

偏った食生活や寝不足や不規則な毎日のおかげで、成人が1日に必要な亜鉛の摂取量の15mgが摂れていないとか…。

昼食がコンビニ食やファストフードが多いって人は、ほぼ確実に亜鉛不足だと自覚した方がいいかもって思います。

で、本当に亜鉛不足だった場合、育毛シャンプーとか育毛剤をいくら頑張ったところで、根本的に代謝が落ちている状態。

なので頭皮ケアで頭皮の血行が促進されたところで、血液の流れは順調でも肝心な運ぶべき栄養成分が不足しているのですよ。

毛母細胞が活発に毛髪を育てるために、十分な栄養成分(アミノ酸等)が届けられていない状態。

つまり配達するトラックは走っているのに、トラックの荷台が空っぽということ…。

頭皮ケア云々の以前の大前提として、亜鉛不足は避けておきたいところですね。

亜鉛は5αリダクターゼを阻害する

1fern-178702_640

もうひとつ亜鉛が育毛の観点で無視できないのが、5αリダクターゼ(還元酵素)との関係。

当サイトではこちらの俺もしかしたらAGA(男性型脱毛症)かも…そんな時どうすればいいのか!でもお話していますが、AGA(男性型脱毛症)のような原因による薄毛や抜け毛の場合、多くはジヒドロテストステロン(DHT)とよばれるテストステロンの進化系が悪さをしているわけです。

男性の体の筋肉や骨格、精子や精力、生殖器といった重要な部分を司る男性ホルモンのテストステロンが、体内で5αリダクターゼとよばれる還元酵素と結合することでジヒドロテストステロン(DHT)が出来上がります。

(さらに突っ込んだ話になると、5αリダクターゼにはⅠ型とⅡ型と2種類があり、主にAGA(男性型脱毛症)の場合は前頭部と頭頂部に関連するⅡ型の影響が大きいともいわれてますが)
とはいえ

男性として育毛のために男性ホルモンを抑制するなんて、デメリットが多いだけじゃなく、体調のこと考えたらあんまりお勧めできませんからね。

男性ホルモンが減少すると、精力はもちろん、仕事も遊びもやる気が失われて、最悪はうつ症状なんてケースもあるのでね。

と、いろいろ考えてしまうと、

  • 5αリダクターゼ(還元酵素)を抑制・阻害することで、テストステロンと結合するのを防ぐ
  • →ジヒドロテストステロン(DHT)を抑える

…といった方が無難な方法かなあ思います。

そのためにノコギリヤシといった成分も5αリダクターゼ(還元酵素)の阻害に効果があるなんていわれていますが、同じように亜鉛にも5αリダクターゼの阻害効果が認められているようです。

亜鉛を摂取するには食生活の見直しとサプリメント

splashing-275950_640

ただですね。

育毛のために亜鉛だけを過剰に摂取してしまうと、他のミネラルとのバランスが崩れてしまい、余計に薄毛や抜け毛が進行するなんてケースもあるので、亜鉛の摂り過ぎにも注意しておくこと。

体内の亜鉛が増加するということは、亜鉛に比較して銅や鉄分が足りないと体は判断するわけです…銅や鉄分は変わっていなくとも。

で、銅や鉄分が不足していると判断された場合、これはこれで毛髪再生に悪影響を与えてしまい、抜け毛や薄毛が進行するなんてケースもあるので亜鉛を摂ったら他のミネラルも忘れずに。

亜鉛の摂取量は個人差が大きい、自分に合った適量を

moss-983908_640

そもそも亜鉛の摂取量は成人男性で1日、約15mgなんていわれていますが、摂取量というのはあくまで平均値。

体を動かすお仕事や大量の汗をかくなんて人…とか普通の人よりセックスの回数が多い?なんて人。

そういった人は亜鉛も、それだけ消費されていますので、1日の摂取量としては、もっと多くの亜鉛を摂取した方が良いなんて場合もあるでしょうし。

つまり自分の生活習慣や趣味に合わせて、亜鉛を摂取することが大事なのですよ。


ま、どうしても食生活で亜鉛の摂取量なんてコントロールできませんよ…といった方なら素直に亜鉛サプリメントで補充するのも悪くないかと思います。

でも毎日の食生活を通して、食材から摂取するのが理想的な摂取方法かとは思います…その方が過剰摂取とかの心配も少ないでしょうしね。

ちなみに食材で亜鉛を摂取しようと考えた場合、牡蛎、豚肉、牛肉、ナッツ類、たまご、チーズといった食材に多量に含まれているので、意識的に摂るようにしましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする