【育毛剤と発毛剤の違い!】あなたの頭皮に必要なのはどっちだ!?

抜け毛や薄毛が進行してくると気になり始めるのが「育毛剤」とか「発毛剤」といった商品かと。

ドラッグストアの棚には薬用◯◯といったその手の商品、数多く販売されていますね。

で、ここで質問ですが「育毛剤と発毛剤の違い」理解していますでしょうか?

この2つ、なんだか似通った部分もあるけれども、商品カテゴリーが違うといえば違うもんです。

そこで今回は育毛剤と発毛剤の違い、目的、効果なんて部分について。

髪の毛を育てるの育毛剤、生やすのは発毛剤

1tree-402953_640

ま、結果からいってしまうとこの通りなんです。そのままの結果でごめんなさい…。

基本的に育毛剤(養毛剤)と呼ばれる商品は、AGA(男性型脱毛症)なんかでヘアサイクルが短期化してしまう。

そんな徐々に毛髪が痩せて細く弱くなってきたなって場合、細く弱くなった毛髪の成長を助けるのが目的。

つまり強く太い毛髪に育てるのが育毛剤としての役目。

…なので完璧にツルツルな状態の方、もしくは円形脱毛症等の症状によってその部分の毛髪が一時的にでも無くなってしまった状態には効果は期待できないかもしれません。

一方、発毛剤はというと…

前述のとおり、そういった育毛剤の効果では改善できそうもない方の発毛効果を促進させ、新たな新生毛を発生させるためのお薬。

と考えて良いかもしれませんね。育てるってよりも生やす感じ?

と、まあ。

こんな感じで効果も目的も違う両者なんですが…実は思っている以上に違いは無いなんて意見もあるわけで。

例えば育毛剤を使用したところ発毛効果が実感できた。とか発毛剤を継続していたら毛髪にハリとコシが戻ってきたなんて事例も多数あるようですしね。(使用するタイミングについては育毛剤の使い方・使うタイミングは?勘違いすると効果の低い育毛剤を参考に)

医薬部外品の育毛剤や発毛剤の効果はマイルドなんです

tulips-21620_640

そんな育毛剤と発毛剤ですが、大きく分けて医薬品と医薬部外品の2種類が存在します。

簡単にいってしまえば、医師の処方箋が必要な医療用医薬品…

例えばプロペシアみたいな育毛剤。

もしくは薬局で販売できる一般医薬品の育毛剤、

例えるならリアップやカロヤンアポジカみたいな発毛剤を医薬品の育毛剤ということができます。

でそれに対し、医薬品として認可されていない育毛剤や発毛剤を医薬部外品と呼びます。

もちろんこういった医薬部外品については、どこにどのように効果があるなんて有効成分や目的について表記することはできません。

まあ医師の診断も不要ってことで、好き勝手に購入して使用できちゃうわけですから、効果としては非常にマイルドな感じ。

変な副作用の心配も無いということは、それだけ効果もマイルドということですね。

なので医薬部外品の育毛剤や発毛剤を始めたからといって…

agriculture-2229_640

で、勘違いしちゃいけないのが、育毛剤や発毛剤を使い始めたからといって…

短期間で育毛や発毛効果が期待できる!

…なんて過剰に期待しちゃいけませんからね、絶対に。

もちろんセンブリエキスやアルコール類が含まれている商品が多いでしょうから、頭皮の血行促進なんかにはじんわり効いてくるのは間違いないですけども。

こちらの(参照 頭皮ケアの効果がでるまでの期間)でも詳しく解説してますが、頭皮ケアの効果がでるまでの期間は最低でも半年単位で考えるもの。

だって、ヘアサイクルを考えてみたってですね。

今はじめた育毛剤や発毛剤の効果が出てくるのは、早くても半年とかもっと先の話のこと。

つまり最近はじめた育毛剤や発毛剤の効果がハッキリわかるまでには、最低でも半年とか1年かかるわけです。

なので気を長く持って取り組むのがいいかなと。

よく頭皮は畑に例えられる場合が多いんですが、畑を耕してたっぷりの肥料を与えたところで今週や来週に芽がでて収穫できるなんてありえません。

半年~1年経過してはじめて、収穫の時期を迎えるなのですよ。

で一定期間が経過してから、今回の収穫物の出来が良かったのは、あの時の肥料が良かったのでは…と確信するようなもの。

つまりは即効性が無いからといって諦めずに、地道にケアしていくことが良い収穫につながるってことなのです。

育毛剤や発毛剤を選ぶ基準とは

man-471192_640

こういった医薬品や医薬部外品の育毛剤、発毛剤。

薬品会社やメーカーも商品開発が盛んなのか、年々増加傾向にあります。

で種類が多すぎてどうやって選ぶの?と育毛剤選びでお悩みの方も多いようです。

とはいえ、抜け毛や薄毛の原因のひとつには悩んだり迷ったりする精神的なストレスなんてものもあるからね。

そんな部分で悩んでいたら本末転倒かもって気もしますが。

じゃどういった商品を選べば良いのか?

まず育毛や発毛に緊急性の高い方…ま、つまり1日でも早く増やしたい、抜け毛を止めたい…といった方

こういった方はもうAGA(男性型脱毛症)専門の外来なんかで相談しちゃって下さい。(参考ページ 俺もしかしたらAGA(男性型脱毛症)かも…そんな時どうすればいいのか!

いくら自分で悩んだところで、最終的にはプロペシアみたいな第一種医薬品を購入するには医師の処方が必要ですもんね。

だったら最初から相談して、自分の抜け毛や薄毛にピッタリの薬を処方してもらうのが手っ取り早いかと。

で一方、緊急性は低いけれど長期的に考えて不安…といった方。

こういった薄毛や抜け毛の進行度の遅いタイプの方の場合、手軽にできる育毛や頭皮ケアから始めてみるのがいいかなと思います。

…というかいきなりAGA(男性型脱毛症)外来とかハードル高いですもんね(-_-;)

そんな場合、まずは食生活を見直し、たっぷりの睡眠を確保して仕事や家庭のストレスと可能な限り減らす。

※生活習慣で頭皮を見直す場合、以下のエントリーも参考にしてください

タバコを吸うとハゲる!?喫煙や、飲酒が頭皮に与える影響

コーヒーを飲むとハゲる?カフェインと抜け毛の関係とは

でもって現状の頭皮ケアが間違っている可能性も大いにあるだろうから、毎日のシャンプーを見直してみる!

頭皮が弱っている事が確認できた場合、まずは弱酸性のアミノ酸系もシャンプーで、頭皮への刺激を減らすとかね…そういった工夫も必要ですね。

で、そこまでクリアして初めて育毛剤や発毛剤に手を出しましょう。

というのも、そういった生活習慣や毎日のシャンプーとかを見直すことなく、いきなり育毛剤やら発毛剤を始めたって効果なんて大した出ないんです。

誰も耕してもいない、放置された畑に肥料を蒔いたってね、芽はでてこないわけですよ。

なので医薬部外品の育毛剤や発毛剤くらいなら、毎日のシャンプーを頭皮に合った商品に変える方がずーっと効果が大きいかな…ってのが当サイトの見解です。(参考ページ シャンプーの方法で頭皮に差がつく!?育毛でやるべき髪の洗い方とは

まあシャンプーだろうが育毛剤だろうが、結局は頭皮の血行を改善して、毛髪が成長できるように栄養を届けてあげることが最終目的なんです。

まずは手軽な方法からアプローチする方が、費用もリスクも少くて済むかと思いますよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする