【抜け毛の原因は頭皮の皮脂!】皮脂量の増加が薄毛を加速させる

頭皮ケアが必要な人にもいろいろなタイプがいます。

アトピーや乾燥肌な頭皮だったり、反対に皮脂量が多くてジトッとしたりベタッとしたりオイリーな人だったり。本当にさまざま。

で、抜け毛や薄毛が心配な方でも皮脂量が多いって場合、

「この抜け毛や薄毛の原因はきっと、皮脂量の多いことが原因に違いない。くそー皮脂の奴め…。」

なんて考えているんじゃないでしょうか。

ま、確かに皮脂が多すぎて頭皮がジトッとベトついてるのは、少なからず毛髪にも悪影響を与えているのは間違いありませんけども…。

でもですね。

本当に頭皮の皮脂が多いことだけが、抜け毛や薄毛の原因なのでしょうか?

…というか皮脂ってそんなに頭皮にとって悪影響を及ぼすものなの?

そこで今回はそういった頭皮ケアと皮脂の関係についてお話しときます。

皮脂は頭皮をコーティングして保護してくれる正義の味方!?

leaf-318743_640

ものすごく大事なことなので最初にハッキリしておきます。

頭皮ケアにおいて、皮脂の量が多いこと=悪だと勘違いしている方も多いみたいですが、皮脂そのものはまったく悪なんかじゃありませんよ。

というかむしろ頭皮の健康にとって皮脂はもの凄く大切なものなのですよ。

皮脂は頭皮のエクリン腺から分泌される汗と混ざることで、皮脂膜というカタチで頭皮をコーティングしてくれます。

この皮脂膜は頭皮の表面を整え、弱酸性に保ち水分の蒸発を防いでくれます。

それだけでなく紫外線やら花粉やら第的な刺激からも保護してくれます。

つまり頭皮の潤いをキープすることで、肌荒れや湿疹を防ぐ上、紫外線等の刺激によって引き起こされる頭皮の血行不良なんかも防ぐわけ…。

正直、頭皮にとって悪いとこなんてひとつも無いくらいありがたいものなのですよ。

頭皮の皮脂の成分とは

man-471192_640

ちなみに頭皮の皮脂の成分ですが、分泌された直後はトリグリセリドワックスエステルスクワレンといった脂質から構成されています。

ただし表皮上、つまり頭皮に滲み出るタイミングでは、すでにバクテリアなんかの影響で、脂肪酸といった好ましくない成分の割合が増えてくるわけです。

もし皮脂のデメリットがあるとすれば、この部分かもしれません。

脂肪酸は時間とともに過酸化脂質とよばれる成分に変化し、この過酸化脂質が増えることでニキビや皮膚炎といった症状に発展するケースも多いのはたしかですから。

つまり皮脂そのものは悪いものじゃありませんが、過酸化脂質に変化することを考えた場合、過剰な皮脂は頭皮に悪影響を与えるといえば与えるのかもしれませんね。

まあ、こういった過剰な皮脂によるニキビや皮膚炎が心配な方は、そういったタイプ専用のシャンプー等も販売されてますから、皮脂を抑える系のシャンプーを利用してみるのも手かと…。

皮脂量が多くて心配なのは脂漏性皮膚炎の場合

forest-932707_640

つまり、頭皮をコーティングして保護する意味でも、ある程度の皮脂量は必要不可欠なわけです。

…むしろ皮脂が不足している方が問題かと。

で、もっとも皮脂が問題視されるのは、コーティングしても有り余るほどの皮脂が分泌されている場合。

前述したように、分泌された皮脂そのものは何の刺激も悪影響もありません。

しかし、バクテリアや頭皮の常在菌なんかのおかげで刺激物を作り出したり、脂肪酸や過酸化脂質といった好ましくないものに変化する。

→発展すると、頭皮のターンオーバーに影響を与えたり、赤くて痒いいブツブツができちゃたり、湿ったフケが異常に増えたりする。

→結果として、脂漏性皮膚炎という慢性化した頭皮の状態になることで、抜け毛が増えたりヘアサイクルが正常に繰り返されなくなる。または徐々に細く弱々しい毛髪に変化する

…といった具合。

やはり脂漏性皮膚炎のリスクを考えた場合、多すぎる皮脂量は正直あんまり好ましくないのかも…やっぱり。だからヘアサイクルを乱す前に解消しておくのがベターでしょうね。

皮脂に関しては、多いのは構わないけど「多すぎ」ってのが危険なんですね。

脂漏性皮膚炎の場合は治療が必要 早めに対処しておく

sunrise-989061_640

じゃ自分は皮脂量が多いけど、すでに脂漏性皮膚炎なのか?

というと、皮脂が多い人が必ず脂漏性皮膚炎になるわけでもありません。

医学的には脂漏性皮膚炎が発症するかどうかは、体質的な部分によるものが大きいようです。

例えばマイクロスコープなんかで頭皮の毛穴をチェックして、皮脂が固まって毛穴周辺にみられるなんて場合は脂漏性皮膚炎がすでに進行しているのは間違いないので、医師の受診が必要かと。

といっても普通の人はマイクロスコープなんて持ってませんよね(-_-;)

じゃ、マイクロスコープなんて用意できない人はどうするの?

だったら抜け毛を何本かチェックしてみましょう。

抜け毛の毛根部分に皮脂の塊がついていませんか?

抜け毛の毛根部分に皮脂のような塊が目立つ、もしくは毛根の先がツルンとマッチ棒状ではなく、段状、グリップ状になっている場合、頭皮も同じく過剰な皮脂が固まって新生毛の成長に悪影響を与えている可能性が非常に高い。

(参照 抜け毛が多い原因を知る!そこが具体的な育毛のスタートです

もし脂漏性皮膚炎の可能性が高かったら…

geranium-351810_640

そういった場合、薬用シャンプー等でじっくりと頭皮を改善していくなんて方法もあります。

でもここは思い切って皮膚科を受診しちゃって、塗り薬や内服薬で、しっかりと治療してしまった方が手っ取りでしょうね。あれこれ試して無駄に時間を費やすより、もう割り切って受診しちゃうのがいい。

で、短期間で力技で治しちゃう。一度肌質を改善してからは、肌質を維持するために皮脂を抑える系のシャンプーでキープするのがいいと思います。

ただね。

皮脂を抑えて脂漏性皮膚炎を予防するために、使い始めたシャンプーの脱脂力が強すぎると今度は頭皮の皮脂が不足して乾燥気味になることもあります。(参考ページ 石鹸でシャンプー!?石けんが頭皮に与える影響とは?

すると頭皮の皮脂膜が十分にコーティングされずに、水分は蒸発されたり、外的な刺激や夏の紫外線なんかにも影響を受けやすい状態になって抜け毛や薄毛につながるって可能性もあるから注意。

何事もそうですが、皮脂量も多すぎず、少なすぎず…といった適量が丁度いいってことなんでしょうね。

当サイトとしては、いきなる脱脂力の強すぎる弱アルカリ性のシャンプーよりも、まずは頭皮の状態に近い、弱酸性、低刺激のアミノ酸系あたりで様子をみることをお勧めします

(※こちらの抜け毛や薄毛を止めるなら弱酸性のシャンプーを選んでおくで詳しく解説しています)

あっもちろん皮脂量を抑える系のシャンプーなんかに切り替える場合、シャンプーのすすぎ不足によって頭皮に残留したシャンプーだって脂漏性皮膚炎の原因になりますからね。

十分によくすすぐのも忘れずに!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする