【フケが多い・フケが増えたら薄毛の合図!】頭皮の状態別と抜け毛、薄毛の関係まとめ

なんだか最近、フケが異常に増えたような気がする…これって抜け毛や薄毛の原因になってしまうのでは?

と不安になる方も多いかと。

確かにフケが増えたという場合、頭皮に何らかの変化が起こったのは間違いないといえます。

でもですね。

ま、尋常じゃないフケの量って場合は別として、通常レベルのフケでしたら、いわゆる生理現象の一部なんでそれほど心配する必要はありませんね。

フケが増えた=抜け毛が増える、薄毛が進行するという事は決してありませんから、過剰に悩まない方がいいかと。

尋常じゃないフケの量の場合は抜け毛や薄毛につながる事も

tree-970850_640

ただね。

フケにもいろいろなタイプがあります。フケの種類によっては抜け毛や薄毛と無関係とはいえない場合もあるので要注意かもしれませんね。

例えばシャンプーした直後なのにドサッと落ちてくるなんて場合は、頭皮に何らかの原因があるわけです。

こちらのページ(頭皮の皮脂が多いと抜け毛や薄毛の原因に!)でも説明したように、皮脂量が増えて過剰な過酸化脂質が頭皮に悪さをしてしまう、脂漏性皮膚炎によってもフケが増えたように感じるものだし、多少の注意が必要かも。

なので、まずはフケをよく観察して、頭皮の状態、そしてフケの原因を探ってみるのが肝心なことです。

フケのタイプは大きくわけで2つのフケがある

tree-970850_640

フケが異常に増えたなって感じた場合、頭皮の状態によって以下のように乾性のフケと湿性のフケに分けることができます。

まずひとつ目は、頭皮の乾燥が原因といえる乾性のフケ。これは主にカサカサした頭皮から剥がれ落ちる角質が中心のフケのこと。

なので改善する場合、頭皮を意識的に保湿してあげればいいわけですね。

例えばオリーブオイルや天然オイル的なもので油分を与えることで頭皮の水分の蒸発を防ぐなんて効果があるかと。

または今使っているシャンプーの脱脂力が強すぎるって可能性もあるかも…。

だとしたら洗浄力の強すぎる市販のシャンプーから、脱脂力の低いシャンプーに切り替えてみる。(参照 抜け毛や薄毛を止めるなら弱酸性のシャンプーを選んでおく

または頭皮によってはシャンプーの回数が多すぎるってケースも考えられます。もし1日2回のシャンプーの方だったら1日1回に減らしてみる。

…といった工夫で徐々にフケも落ち着いてくるはずです。

で、もうひとつは皮脂量が多いことが原因の湿性のフケ。

過剰に分泌された皮脂が原因で、過酸化脂質が増えるだけでなく、そこに常在菌や真菌が繁殖してしまうため湿った感じのフケが増加してしまう。

つまり脂漏性皮膚炎の前兆ともいえるのが湿性のフケ。つまり放置してしまえば脂漏性皮膚炎に発展して痒みや赤いブツブツ、さらには抜け毛に直結するものです。

取り返しのつかない状態まで進行する前に、しっかりと解消しておきましょうね。

湿性のフケの対処法

green-715535_640

湿性のフケを解消する場合、まずは繁殖してしまった常在菌や真菌のような微生物のはたらきを抑えるのが肝心。

具体的には表皮ブドウ球菌、ニキビ桿菌、黄色ブドウ球菌、連鎖状球菌、緑膿菌、大腸菌…といった常在菌や真菌を殺菌する必要があります。

つまり殺菌剤(ジンクピリチオン、硝酸ミコナゾール、オクトピロックス等)を配合したフケ対策用のシャンプーに切り替えるのが効果あるはず。

上記のような殺菌剤が効いてくれば、頭皮に繁殖した常在菌や真菌の活動が抑えられてきます。

それに普通のフケ対策用のシャンプーには皮脂量を抑えるような成分も配合されているものです。しっかりと継続することで頭皮の過剰な皮脂の量も適量に落ち着いてくるかと思いますよ。

また湿性のフケの方の中にはシャンプーの回数が不足しているってパターンもあります。頭皮に刺激の少ないシャンプーに切り替えた上、シャンプーの頻度を少し増やしてみることで皮脂量も落ち着いてくるケースもあるかもしれませんね。

(※とはいえ石鹸シャンプーのような弱アルカリ性は、あまりお勧めできませんが…)

その他のフケの原因を取り除くことも大切

man-471192_640

と、まあこんな感じで頭皮の状態によってフケを解消する方法も違ってくるわけです。

でもですね。

フケというのは、簡単にいってしまえば頭皮のターンオーバーによって生じた老廃物のようなもの。

どんな人でも多少のフケがあるのは当たり前ですよね。

確かにフケの量が多過ぎるって場合は日常生活にも支障をきたすってケースもありますが、通常(とくに男性の場合は)何ら生活に支障をきたすって無いかと思います。

むしろフケが抜け毛の原因に…なんて下手に悩んでしまう方が精神的にも良くありません。神経質になり過ぎることで余計に抜け毛が増えるかもしれませんよ。

それにフケの原因にもいろいろなんです。

外的な刺激だったり、男性ホルモンや女性ホルモンのバランス、胃腸障害や食生活での脂肪の摂り過ぎ、ビタミン不足、アトピー…と本当に様々。

それに季節的に紫外線(参考ページ 夏場の抜け毛が多い理由!紫外線が頭皮や毛髪に与える影響とは)によって頭皮が傷めつけられた事が原因のフケ症といったパターンもあるし。

なので、まずはフケの状態、頭皮の状態を冷静に判断して、ベストな対処法を試してしばらく様子をみる。

で、ダメだったら新しい対処法を考えてみる。

そんな感じで少し長期的に解消していくのがベストかなあって思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする