【薄毛の原因がコーヒー?】カフェインと抜け毛の関係まとめ

朝、仕事に取り掛かる前に飲む一杯のコーヒー・・・シャキッとしますよね。

知ってる人は知ってるかと思いますが、毎日、何気なく飲んでいるコーヒーが、じつは抜け毛とか薄毛に拍車を助長している場合もあるといわれています。

ま、そうはいっても目覚めの一杯のコーヒーとか、食後のコーヒーは習慣化しているので、個人的にはタバコは辞めることできましたけど、コーヒーは無理かなぁなんて諦めモードですが…。

そこで。

今回はコーヒーを飲むとハゲるのか?あまり関係ないのか?といった部分のお話。

コーヒーのカフェインが体に与える影響

gooseberry-176450_640

なぜ目覚めのコーヒーとか疲れた時ののコーヒーは美味しく感じるのか?

これはコーヒーに含まれるカフェインが脳に与える覚醒作用と深く関係しているようです。

人間の脳内にはアデノシンやアデノシン受容体とよばれる疲労を感じる物質があるのですが、

カフェインを摂取することで、脳内でカフェインがアデノシン受容体と結合して疲労を感じにくくさせるといわれています。

…つまり眠い体をシャキッとさせたり、疲れた体を一時的に回復したように感じさせるわけですね(実際には回復してませんが)

そもそもカフェインという成分はコーヒーだけでなく、紅茶やコーラ、最近ではエナジードリンク等にも多量に含まれている成分。

覚醒作用や解熱作用、鎮痛作用なんかも期待できる成分だともいわれています。

なので、寝起きに一杯のコーヒーや仕事で疲労を感じた時に1杯のコーヒーというのは実に理にかなっているわけですね。

カフェインの中毒性や依存症

1flower-883321_640

ただし。

カフェイン中毒なんて言葉が有名な通り、カフェインには中毒性があるので注意が必要。

毎日多量のカフェインを摂取し続けるということは、カフェインに対する耐性ができるわけですから、同じ量のカフェインでは十分に覚醒作用を感じなくなるわけです。

つまり、知らず知らずの間に1杯のコーヒーから2杯、3杯…とカフェインの依存症になってしまう方が多いなんていわれてます。

もし「コーヒーが無いと落ち着かない」とか「コーヒーがないと集中できない」なんて人は既にカフェイン中毒に侵されているかもしれませんね。飲み過ぎ注意。

カフェインの摂取はハゲにつながるのか?

tulips-21620_640

で、今度は本題のコーヒー(カフェイン)の摂取はハゲにつながるのか?について。

カフェインの効果を冷静に考えてみてみると、確かに眠気覚ましや筋肉疲労の回復といったメリットも多少あります。

でもですね。

やっぱり頭皮ケアや育毛の観点からみるとカフェインはデメリットの方が大きいなぁというのが正直なところ。

すでにカフェイン依存症の当サイト管理人としても、非常に残念な結果なのですが…。
例えばね…

  • 亜鉛やミネラル分の吸収阻害効果
  • 胃腸障害
  • 自律神経の乱れ
  • 睡眠不足や睡眠の質の低下

といった感じの好ましくない効果もあるわけですよ、カフェインにはね。

以下に説明しますが、直接頭皮は毛髪にどうこうといった悪影響は無いとしても、回り回って最終的には、抜け毛や薄毛を助長している場合も十分に考えられるでしょうね。

亜鉛やミネラル分の吸収阻害効果

green-819643_640

こちらの亜鉛が不足すると抜け毛や薄毛が進行するのかでも亜鉛の重要性について詳しく解説していますが、

過剰なカフェインは毛母細胞や毛乳頭が発毛活動を行なうために、必要不可欠なミネラル分といわれている亜鉛の吸収を阻害するといわれています。

カフェインによって亜鉛の吸収が阻害された場合、まずは亜鉛による発毛効果が抑制されるわけですよ。

で、さらに痛いのは、亜鉛のもつ5αリダクターゼ(還元酵素)を阻害する効果が期待できなくなること。

亜鉛はそもそも5αリダクターゼ(還元酵素)を抑える効果を持つミネラルです。

亜鉛不足な状態になれば5αリダクターゼを抑制できずにテストステロンとガンガン結合し、ヘアサイクルを悪化させる本命ともいえるジヒドロテストステロンが増加するでしょうからね。

そうなれば最悪は、ヘアサイクルの短期化、つまり成長前に抜け落ちる毛髪や、細く弱々しい毛髪が増えるのは避けることはできなかと。

(参照 俺もしかしたらAGA(男性型脱毛症)かも…そんな時どうすればいいのか!

胃腸障害

agriculture-2229_640

カフェインは胃液の分泌を促進させる効果が高い成分です。

つまり過剰に胃液(とくに空腹時に)が分泌されてしまうと、胃壁を荒らしてしまうわけですね。

その結果として胃に大きな負担がかかるわけですね。

そもそも人間は摂取した食事を胃腸で消化、吸収します。

胃腸が正常に機能せずに上手く消化吸収することができない場合、せっかく栄養たっぷりの食生活を続けたところで、必要な栄養成分が吸収されずに排泄されてしまいます。

…つまり頭皮をはじめ、栄養成分を必要としている各器官に栄養が行き渡らない状態につながります。

せっかく頭皮ケアによって頭皮の血行不良を改善したところで、運ばれる栄養成分が血液に乗せられていなければ、毛母細胞も毛乳頭も本来の発毛活動を繰り替えすことは無理ですからね。

自律神経の乱れ

tulips-65036_640

カフェインの働きは脳を覚醒させ、一種の興奮状態を作りだすことでもあります。

つまり強制的にに交感神経が働かされる…ような状態ともいえます。

なので過剰にカフェインを摂取し続けてしまうと、本来の自律神経のリズムが崩されてしまうわけです。

でね、

結果として、常に興奮状態が持続してしまう…といったケース、反動で急に元気が無くなって落ち込む…なんてケースも。
でもって、

自律神経が乱れたことで交感神経の優位な状態が持続すると。

  • 血管は収縮しっぱなしが続くわけですから、当然ながら頭皮の血流も滞りがちになってくる
  • 頭皮の毛髪再生に必要な栄養成分と酸素が十分に行き届かないので毛母細胞も栄養が不足する

といった悪循環に陥ります。

睡眠不足や睡眠の質の低下

water-918461_640

就寝前にコーヒーを飲めば眠れない…ということは誰でもご存知かと思います。

もちろんカフェインのもつ脳の覚醒作用だったり、前述のとおり自律神経が乱れたことが大きな原因なのは言うまでもありません。
で、

過剰なカフェイン摂取によって眠れずに時間が経過して、睡眠不足になることも頭皮環境としては非常に良くない状態でしょうね。

しかしもっとマズイのは

興奮状態のまま入眠した場合、睡眠時間のわりに疲労が回復できていない…ということなのです。

じつはこっちの方が問題かと…。

しっかりと睡眠で疲労が回復されないということは、体がリセットされない状態。つまり心も体もストレスが溜め込まれる

こういった本人が自覚していないストレスが、頭皮の血行だったり毛母細胞の活動にも少なからず影響を与えるといわれています。
本人としては、毎日きっちり6時間の睡眠を確保しているから大丈夫…なんて場合でも、カフェインによって眠りの質が落ちているって場合もあるので、疑った方がいいかもしれませんね。

抜け毛や薄毛が気になる人はコーヒーを飲んではいけないのか?

tulips-21620_640

と、まあ。

コーヒーに含まれるカフェインの効果、そして頭皮に与える悪影響なんかをまとめてみました。

で、結局は抜け毛や薄毛に悩む人はコーヒーを飲んではいけないのか?

といった話ですが、僕の見解としては飲んでも構わないかなぁとは思います(というか僕はコーヒー好きなので我慢できないわけで無理です!)

外国で調査されたデータによると、健康な成人の方であれば、1日に約5杯程度(カフェイン摂取量400mg)のコーヒーはまったく問題無いともいわれています。

なので1日に2~3杯のコーヒーであれば、とくに抜け毛や薄毛に悪影響は考える必要無いとは思います。
というかね。

大好きなコーヒーを我慢することで生じるストレスの方が心配かと…。

現代みたいなストレス過多の社会で、大好きなコーヒーまで我慢しなくちゃならない…。

間違いなく僕の場合は、もの凄いストレスを感じてそれこそ自律神経を崩してしまうのは目に見えていますからね。

なので多すぎなければいいんじゃないの?…と自分に言い聞かせています。

ま、頭皮や抜け毛のことを考えたら飲まない方がいいんでしょうが、1日に2~3杯だったら気にしなくてもいいと思いますよ。

あっ、でもコーヒーの飲み過ぎで胃が痛い…とか寝付きが悪い…なんて場合、コーヒーに対する耐性が弱いってタイプかもしれません。

飲むのは構いませんけども、それなりに頭皮にも影響がでやすいってケースもあるので減らした方がいいかもしれませんね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする